【ヒロアカ本誌】

【ヒロアカ】316話感想 レディ・ナガン死亡?AFOの次なる狙い

おアカ316話「the next」の感想を連ねていこうと思います。

前回はデクが3代目の個性をコントロールしレディナガンとの戦闘に勝利したものの、ナガンがAFOの手によって爆破されました。

【ヒロアカ】315話 3代目個性「発勁」が明らかに。レディナガンの敗北

今回は敵ながらナガンの安否が気になります。

316話あらすじ

ナガンを受け止めたホークス、そして報告を受けたエンデヴァーがデクの元へ駆けつける。

炎の個性を持つエンデヴァーは雨が苦手、ナガンが雨の日を選んだのは援軍を遅らせることも考慮したのだろう。

ホークスは個性「剛翼」を使い空を飛んでいたが、やはり全回復ではない様子。人一人を抱えたままの飛行が困難なくらい弱っているよう。

落ちゆく二人を黒鞭でなんとか引き上げようとするデク。その最中ホークスはナガンへ呼びかける。

「俺はホークス あなたの後釜だ」

デクとの戦闘でナガンの意識は変わったはず。元ヒーローの彼女に対しまだ全てを投げ打つには速すぎると訴え、AFOについて知っていることを教えて欲しいと必死に伝える。

「知っていることを教えてください 利用されて終わるなあなたは  レディ・ナガンだろ!」

薄れゆく意識の中でレディナガンはホークスらをみて「同じようなことをしてきたのに、なぜお前はそんなキラキラした目でいてられるんだ」と疑問に思う。かつての自分も同じような希望を抱いていたにもかかわらず、どこが違うのか。

「2ヶ月以内に灰堀の森林洋館へ標的を連れてくること」

「私の他に声をかけられていたのものが数人いた」

レディナガンはまだヒーローの心を残していたよう。どうやらAFOはレディナガンだけでなく他の優秀な囚人たちに対してもデク確保へ勧誘していたよう。その囚人たちもおそらく複数の個性を付与されているだろう。

レディナガンは後釜のホークスに「なぜそんな顔でいられる?」と疑問を投げかける。それに対してホークスは「支えてくれた人がいた 俺楽観的なんです」と答える。

エンデヴァーは治崎を確保し連れてくる。治崎は親父に再開したいという思いが強過ぎて相手がデクなのにもかかわらず自分のことを優先させる。

親父に会って謝りたい、その意思をみたデクは「エリちゃんにしてきたこと覚えてる?」と投げかける。治崎は反省していないようで「あぁ、エリ、あいつさえいれば…」というが「謝りたい、その気持ちをエリちゃんにも向けられるならナガンの意思は僕が引き継ぐ」とデクはいう。

オールマイトも到着し一件落着、事態は急速に進みデクたちヒーローらは灰堀の森林洋館へ到着。

ナガンの情報によればここにAFOがいるはず。そう当たりをつけヒーローたちで総攻撃を仕掛ける目論見だ。

トップ3に加えマウントレディやシンリンカムイの姿もある。

AFOと死柄木はまだOFAを奪える段階ではないと判断し奇襲を仕掛けようとするも洋館はもぬけのから。そこへ一本のビデオが流れる。AFOが残したメッセージだ。

「レディナガンとの問答を楽しんでくれたかい?あの手の人種は君なら見捨てないだろう?」

「個人主義を謳っていても結局は管理社会、排斥されるのは当然のことだよ 君の選んだのは茨の道だぜ」

「僕はもうオールマイトには興味がない、次は君だ!」

そして洋館は爆発。まんまとAFOの策にハマったヒーローたち。戦いは加速してゆく…

次回に続く。

レディナガンは死んでいない

レディナガンとの戦闘に勝ったものの、心を取り戻しかけていた彼女がAFOの手により爆破されてしまいました。

彼女は死亡したわけではなさそうです。エンデヴァーが「確保」したと言っており、最後のコマでも意識を失っているだけのように見えますからね。

公安の汚れ役はどうやらその時期に一人のようですね。ホークスが後釜というくらいですから公安に使えるスパイ役は最小人数で行っているということでしょう。

レディナガンは非常に人気の高いキャラクターです。登場回数が少ないにもかかわらず。そのため再度登場して欲しいキャラクターでもありますから今後に期待ですね。

森林洋館の場所は死柄木がかつて襲った場所?

AFOが各囚人たちに伝えた森林洋館ですが、個性を異能として排斥する集団「CRC」の跡地であることがわかりました。

CRCのアジトの一つはかつて死柄木たちがリデストロとの戦闘前に襲った場所でもあります。

アジトがすでに空っぽであることを考えると、死柄木たちが襲撃した場所と同じ可能性が高いですね。内装もなんとなく似ています。

AFOはデクたちがくるのを見越して爆弾を仕掛けていたのですが、なんとも周到ですね。ナガンも裏切ることを知っていたような口ぶり…どこまで行っても巨悪です。

次回

2ヶ月以内に標的を連れてくること、と期限付きで囚人たちに指示をしていたわけですから、2ヶ月以内にはOFAを奪える体制が整うと言っても過言ではない様子。

これまで以上に戦いが加速することが予想されますね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です