【ヒロアカ本誌】

【ヒロアカ】295話感想 OFA4代目の個性発現 AFOの本当の狙いとは

ヒロアカ295話「しつこい」の感想を連ねていこうと思います。

前回はコンプレスの素顔が公開され、決死の脱出ショーの開演となりました。

【ヒロアカ】294話感想 コンプレスの素顔、そして「血筋」の意味

今回はそろそろ休戦の匂いがするので、どのように死柄木が脱出していくのか、実物です。

295話 あらすじ

「起きて」

デクの中にあるワンフォーオールが呼ぶ声を聞き、戦場で気絶してしまったデクは轟の安否を確認する。

轟は無事、しかしデクには稲妻のような刺激が走る。

「まただ…頭を刺すような感覚 これは4代目の個性『危機感知』?」

かつてオールマイトがノートにまとめてくれていた、なぜか中途半端に終わった四代目の個性だった。

黒鞭のように、暴走しまだ制御し切れていない状態、デクは頭痛が激しく負荷がデカイと感じる。

コンプレスを追ったミリオは、手刀でコンプレスを一撃で気絶。

コンプレスは周りに大量にいるハイエンドたちを死柄木が操れば脱出は容易い、と画策する。

全てはスピナーと死柄木に託された。わずか数秒で死柄木を起こさなければならないスピナー。

ヴィラン連合の中で一番死柄木を慕っていたスピナー、コンプレスには少なくともそのように映っていた。その彼がとっさに選択したのは「死柄木のトレードマークである家族の手を顔に被せること」であった。

「怒りをこれで思い出してくれ!」

スピナーの祈りは通じた…瞬間電波を四方に射出する死柄木。

「本当に良い仲間を持った…心とは力だ 彼の心が原点を強く抱けば抱くほど 共生する僕の意識も強くなる」

その口調はまさしくAFO、顔も醜い顔に変貌してしまっている。

一斉にハイエンドたちが脱出に動く。先ほどの電波は彼らを操るためのものだった。

スピナーはマキア、コンプレス、トガらを心配し死柄木に声をかけるも返答するのはAFO。

「いいんだ伊口くん 弔はエンデヴァーとOFAに負けた その代償は潔く差出そう 全ては僕のために」

そういって仲間を見捨てるOFA。

逃げようとする死柄木をフロッピースタイルで追随するデク。死柄木の体で喋るAFOに「黙ってろ!!」と一喝。

しかし、AFOは個性の扱いを熟知している。あっけなく距離を取られ「また会おう」と言われてしまう。

瞬間デクは「大勢殺した、許せるはずがない けれど、あの時のお前は、お前の顔が『助けを求めたように見えた』」と心の中で呟く。

AFOの本当の狙いはなんなのか….ひとまずこの大乱戦は終結を迎える….

次回へ続く。

四代目の個性「危機感知」

四代目の個性が明かされました。その名も「危機感知」。結構早い伏線回収でしたね。

私は彼の個性は「先読み」と予想していましたが、どちらかというと動物の第6感を研ぎ澄ませた個性のようです。

【ヒロアカ】OFA4代目の正体を解き明かす。メモの解読から見える人物像

戦闘中、デクには稲妻のようなエフェクトが現れていましたが、それが個性発現の予兆であった。

危機感知が制御できていないとはいえ、死柄木に対する危機感、マキアのパワーアップなど、しっかり感知はできているようです。

その反面やはり制御できていないため、負荷が大きいらしい。特に脳への負担が大きいのでしょう、意識を保っていられないくらいの激しい頭痛が副作用ですね。

個性複数持ちのデク、ナイトアイのような予知系の個性を持ち合わせ使いこなせるようになってしまっては、追いつける同期はもはやいなくなってしまいます。

今後のパワーバランスが非常に心配になりますが…

4代目はオールマイトの発言から「ヒーローサイドからも個性を狙われていた」可能性があります。

今回判明した個性「危機感知」をヒーローサイド=公安が求めていた個性ではないだろうか。

現在ホークスのような「早すぎる男」が重宝されていますね。公安には危機をいち早く感知し、対処できる能力が求められていると考えられます。

公安は4代目の個性に目をつけ、勧誘していたかもしれません。それが過激すぎて、山林ぐらしになってしまったのかも…

AFOの本当の狙い

AFOはかつてオールマイトに「死柄木はもう僕の手を離れた 君のと違ってね」と言っており、弟子を一人立ちさせたことを誇らしげに語っていました。

今まで死柄木を悪の帝王として作り上げることがAFOの目的だとされていましたが、今回積極的に死柄木の体を奪い自ら危機を脱出、そして助けられる仲間を置き去りにしてしまいました。

このことから彼の目的は「死柄木の成長ではなく、自分が悪の帝王として返り咲く」ことが予想されます。

タルタロスでオールマイトは「死柄木に私と緑谷少年を殺させることが目的だろう?」と問いかけてしますが、AFOは実は何も言ってません。

またAFOの去り際に「余生ね…」と意味深なセリフも残しています。

死柄木はただの駒、いや現在体がボロボロなAFOの新しい器と思っているかもしれません。

そのために死柄木にオリジンの個性を与え、体を慣れさせ、実ったときに自分の新しい体としてのっとる…

これが彼の目的である可能性は高いですね。

次回

次回は終戦、そしてヒーローの安否確認から始まるでしょう。

今わかっていることで「相澤先生の足」「ボロボロのミルコ」が心配です。

そのほかにもワイプシなど安否の分からないヒーローたちもいます。

今回の戦いで内通者が出てくると思っていましたが、その可能性は低そうですね…

次回も楽しみです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です