雑記

ホワイトデーは日本だけ?海外との違いと似ている国を紹介

バレンタインデーの対になるホワイトデー。

日本ではもらった男性からの「お返し」という意味の日として浸透していますね^^

ですが、このホワイトデー実は日本だけに存在する特殊な記念日なのです。

そこで今回は「ホワイトデーはなぜ日本だけなのか」ということを紹介したいと思います!

[toc]

ホワイトデーは日本特有?

ホワイトデーの起源は日本だといわれています。

バレンタインデーは1960年ごろから日本にも定着し始め、

その流れに従ってお菓子業界が「バレンタインのお返しをする日をつくってはどうか」というのが起源とされています。

3月14日がホワイトデーというのも、

菓子業界「不二家」と「エイワ」が1973年3月14日に「リターンバレンタイン」と称してマシュマロを販売するキャンペーンを実施したことが始まりです。

ちょうどバレンタインデーから一ヵ月後の日ですね。

日本では定着しているのは起源が日本だからなのです。

実際に海外ではバレンタインデーというものはありますが、ホワイトデーは存在しません。

そもそもバレンタインデーの認識が違っている?

ホワイトデーはバレンタインのお返しのため、という日とされていますが、そもそもバレンタインの認識が海外と違います。

バレンタインの本質は「カップルの愛の誓いの日」というものです。

日本は「女性が意中の相手に告白するイベント」という認識があります。

これは日本内で独自に発達したものです。

海外でのバレンタインデーは男女関係なく互いに贈り物をするというもの。

その贈り物自体が「チョコレート」に限定されず多岐にわたり、大切な相手に愛情を確かめあう日としての認識が強いです。

そのため「お返し」という発想はなく、日本のお返し「ホワイトデー」という日がわざわざ作られていないのです。

日本では

・女性から男性へ一方的に

・贈り物の大半がチョコレート

というのが最大の特徴です。

ホワイトデーがある国々

とはいえ調べてみるとなにも日本だけがホワイトデーを行っているわけではないようです。

ホワイトデーがある国は、中国や韓国、そして東アジアの一部の国です。

今回は中国と韓国をメインに紹介します^^

韓国ではバレンタインの認識が日本と似ており「女性が男性へチョコをあげる」というもので

義理チョコも韓国では浸透しているようです。

ホワイトデーも同じくバレンタインデーでいただいたお返しとして「男性が女性へチョコをあげる」という風習だそうです^^

一方中国ではバレンタインもホワイトデーもあるのですが、両日とも「男性が女性へ贈り物をする日」として浸透しています。

中国でホワイトデーは「白人情人節」と呼ばれます。

バレンタインデーが中国の旧正月と重なるため、ホワイトデーで改めて恋人に愛情を示す

そういう意味でバレンタインデーもホワイトデーの両日とも男性が女性へ贈り物をするというのが定着しているようですね^^

まとめ

ホワイトデーのお返しというのは礼儀正しいとよく言われる日本人らしさがにじみ出ている気がします。

アメリカではお返しはなく、むしろ好意を示すチャンスの日!という風にとらえられているようですね^^

文化の違いが記念日の捉え方に現れていますね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

RELATED POST