雑記

スーパーチャットが気持ち悪い!?その理由は「仮初の馴れ合い」に原因がある!

youtubeの流行はここ10年あたりで急激に上がってきており、通勤・通学中の電車の中では新聞や本を読んだりするよりもスマートフォンをいじる人が多く、その中でもyoutubeを見たりするなんてのはほぼ当たり前の感覚だと思います。

youtubeでのライブ配信において注目されている機能である「スーパーチャット」によりyoutuberと呼ばれる人々がさらに収入源を増やしているとも聞きます。

なかにはそれを「気持ち悪い」と感じる人もいるかもしれません。そこで今回はスパチャが気持ち悪いと感じる理由を挙げてみました!

[toc]

スパチャとは

スーパーチャット(Super Chat)とはyoutubeのライブ配信を視聴している視聴者が配信者に対してお金を送れる機能のことです。

投げ銭をイメージしてもらえればわかりやすいと思います。

たとえば駅の近くで路上ライブをしている人がいて、帽子を逆さにしてお金を落としてくれる用意をしていますね。それに対して通りすがった人がお金を入れていく。イメージしやすくてよくある光景だと思います。

スーパーチャットはそれとほとんど同じです。youtubeでライブ配信をしているクリエイターに対して、視聴者がネット上でお金を投じること、これがスーパーチャットといいます。

よくスパチャと略されております。投げ銭という意味では同じですが両者には決定的な相違点があります。

路上ライブとスパチャの決定的な違い

路上ライブとスパチャの決定的な違い、それは金額です!

例えばみなさんが路上ライブを見て、銭を投じてもいいかな、と思ったとき一体いくらくらい出しますか?

「まぁ1円とかじゃなんだし、100円くらいかな」「楽しかったし1000円くらいいれてもいいかなぁ」

大体の人が100~1000円の間に収まると思います。それ以上の額はちょっと出せないかな…という人は多いと思います。

しかしyoutubeの投げ銭スーパーチャットでは恐ろしい金額が投げられているようです…


一回の投げ銭で1万円以上…もはやアイドルに貢ぐような額…

一度にスパチャできる金額は100円~50000円までであることと、ネット上で手軽にできてしまうことからこのような高額スパチャが起きているようですね^^

 

スーパーチャットが気持ち悪い理由

ライブ配信を見ているとつぎつぎと投げ銭が放り込まれていく現状を目の当たりにした人もいるかと思います。

なかにはそのような光景を見て「なんだか気持ち悪い」「キモい」と思ってしまった人もいるのではないでしょうか。

スーパーチャットが行われるときに大体こんな会話が発生すると思います。

配信主「スパチャ ありがとう!」

ほかの視聴者「ないすぱ」(ナイス・スーパーチャットの意味で「いいね」みたいなかんじ)

こういうのを見てるとほかの視聴者たちの気持ちがよくわかりませんね。確かにスーパーチャットをするのは個人の自由ですが、そういう風に発言する必要もないはず。

こんな風に視聴者たちはコメント上で「仮初の馴れ合い」を楽しんでいるのです。

共通の配信を見ていることで根拠のない共感が生まれ、みたことも話したこともないほかの視聴者を自分の友達のように錯覚する。

友達とは仲良くなりたいもの、投げ銭を入れたことに対して「いいね!」という言葉を投げかけて印象よくしたいと思われたいのです。

おそらくスパチャが気持ち悪いと思う人はこの感情がよくわからないからそう思うのでしょう。

ほかにもいろいろ理由はあるとおもいますね^^

まとめ

それにしてもライブ配信で稼ぐ人はものすごい額を稼ぐようです…

それはそれですごいですが、youtubeで手軽に投げ銭をしようと思う人たちも結構すごいと思います。

向こうはこちらのことを知らないし、あったこともない。そんな人にふつうは気軽にお金を渡せるものではないですよね^^

youtubeは新しい文化を構築しているようです!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

RELATED POST