雑記

プロテインは意味がない?効果がでない3つの理由を挙げてみた

近年筋トレをする人は増えてきており、体づくりの意識が高まってきています。

筋トレに欠かせないのが「プロテイン」。

栄養の補助食として用いられており、ダイエットのためにこの補助食を購入する人も少なくありません。

だけどプロテインって本当に意味があるの?飲んでいるけど効果がでない…

という疑問が湧いてくるかもしれません。

そこで今回はプロテインは意味がないのか?ということについて紹介していきたいと思います!

[toc]

プロテインを飲んでも意味がないのか?

筋トレして理想的な体を手に入れたい!そのためにプロテインは有効だから飲んで行こう!

でもなかなか効果が目に見えず…プロテインって意味があるのか?嘘なんじゃないの?

結論から言えば「プロテインを飲むことは必ずプラスに作用する」ということです。

効果がでない、意味がない、というのはおそらく何らかの原因があります。

国内良質プロテインを安く買う方法を紹介!ザバスやウイダーなども低価格で購入できる!

プロテインの効果がでない理由

プロテインを飲んでもなかなか効果がでない…

せっかく高いお金をはらったのに、なんだかもったいない気がする…

うまくいかないことには必ず原因があります。

この項でその原因を3つほど挙げてみたいと思います。

摂取量が少ない

単純にプロテインの摂取量が少ない、という理由が挙げられます。

一日に必要なプロテイン(たんぱく質)は、トレーニングをしている人としていない人では量が違ってきます。

トレーニングをしている人は体重1㎏あたり約1.5gのプロテインが必要と言われています。

体重70㎏であれば、一日に摂取すべきプロテインは約105g。

3食の食事でこれを満たすのは難しく、そのためのプロテインですが、そもそも一日を通して量が少ない可能性があります。

もう一度見直して、量を調節することが大事だと思います^^

飲むタイミングが悪い

2つ目に挙げられるのは、プロテインを摂取するタイミングが悪い、ということです。

プロテインを一日当たり必要な量をただただ摂取して、満足してはいませんか?

プロテインは飲むタイミングが重要であります。

一度に一気に飲んでも、効率よく吸収されず体の外に出てしまいます。

プロテインを飲むのに良いとされるタイミングは

・トレーニング後30分以内
・就寝前
・間食

と言われています。

特にトレーニング後30分以内は「トレーニングによって破壊された筋肉が修復しようとして、栄養を取り込みやすくなっている」時間帯です。

この時にプロテインを摂取することで、効率よく修復が行え筋肉がよりよく発達するのです。

プロテインの摂取をなんとなくしてはいないか?もう一度見直してタイミングを意識してみましょう^^

トレーニングが足りていない

3つ目に挙げるのは、トレーニングが足りていない、ということです。

プロテインはあくまで補助食。破壊された筋肉を効率よく修復するためのサプリメントです。

そもそもトレーニングの量が少なかったり、妥協して楽をしていればその分筋肉は傷つきません。

適切な量・タイミングで飲んだとしても、その部分が甘ければ当然伸びしろは低いままです。

プロテインを飲む前にまず「しっかりとしたトレーニング」が重要です。

人間、きついことはやはり楽に行いたいもの。ついつい妥協しがちですが、ここがしっかりしていなければプロテインを飲んだところで効果は出ません。

今一度トレーニングの強度は適切か?甘くなっていないか?そこを見直してみましょう^^

まとめ

トレーニングの結果がついてくるのは約3か月といわれています。

なかやまきんにくんによれば体の変化は「3か月で自分が気づき、6カ月で他人が気づく」という名言を残しています。

プロテインも継続することが大事ですね^^

最後まで読んでいただきありがとうございました。

RELATED POST