雑記

大阪万博2025は何をする?実現する技術を独自に予想してみる!

2018年11月23日、万博階差地の投票結果により

2025年に大阪万博が開催されることが決定しました!

今回の投票に参加した国(都市)はロシア、アイゼルバイジャン、日本でした。

大阪での万博の開催は実に55年ぶりの事。

万博の言葉自体初めて聞く!という人も少なくないと思います。

そこで今回は「大阪万博は何をする?」というのと「実現しそうな近未来の新技術の予想」をまとめてみました!

[toc]

大阪万博2025決定!何をする?

今月23日、投票により大阪万博2025が決定しました。

開催期間:2025年5月3日(土)~11月3日(月) 185日間

開催場所:大阪 夢洲(ゆめしま)

テーマ:いのち輝く未来社会のデザイン

コンセプト:未来社会の実験場

となっています!

1970年に開催された大阪万博から55年ぶりの開催となるようです。

万博とはいったい何?ということを箇条書きで簡単にまとめてみました。

・名称:万博=国際博覧会(こくさいはくらんかい)

・内容:国際機関の下、複数の国が参加する博覧会

・目的:人類が利用できる手段・活動などの進歩を公開し公衆の教育を目的とする

万博は「世界各国が自国の文化や技術を参加者に紹介する」場所なのです!

万博では企業や参加国がパビリオンと呼ばれる展示館を設置し、そこに最新技術や民族音楽などを披露する場所が多くあります。

2010年の上海万博の日本館は、歴史や現代社会の問題などをハイテクな映像技術を使って展示していました。

大阪万博で実現しそうな技術は?

大阪万博が開催されるのは2025年。東京オリンピック2020の5年後となります。

今回のテーマは「いのち輝く未来社会のデザイン

そしてコンセプトは「未来社会の実験場」となっています。

この感じから「近未来の技術」がいくつか登場してくるのではないか?と思いました!

そこで今から7年後の大阪万博にて実現するであろう近未来技術を独自の観点で勝手に予想してみました!

高精度AIロボット

今ホットな新技術”AI”です!

AI=人工知能ですね。現在は将棋ソフトで一躍有名になりプロの棋士でも負けてしまうほどの高精度なAI が誕生しています。

2025年の大阪万博では現在課題になっている「あいまいさの判定」が改善され、

万博内で「高精度のAIを有したロボット」が案内をしてくれるのでは?

近い将来実現しそうな気がしてわくわくします^^

コンパクトなVR技術

PSVRのように一般に販売されるようになっているVR技術。

ゴーグルのようなものを装着して仮想の現実を体感できるVR。

今は大きめのゴーグルをつけていますが、携帯電話の進化のようにさらにコンパクトになっていくのではないでしょうか?

7年後の2025には少なくともメガネサイズにはなっているでしょうね^^

スカウターのように戦闘力がわかる”AR”の技術も付随してくると思います!

Google Glass もすでに出ているので可能性は高いと感じますよ!

自動運転技術

最後に紹介するのが自動運転技術です。

現在車メーカー大手から世界中が自動運転の開発に取り組んでいます。

市販はされていないものの、試走テストなどはすでに行われているようです。

完全な自動運転とは「運転席に人がいなくても問題ない」状態。

0~5まである段階のレベル5にあたります。

考え得るすべての状況下、極限状況でもシステムにすべてをゆだねられる状態なのです。

平成28年の内閣官房IT総合戦略室の発表によれば

2025年を目途に市場化できることを期待しているようですね!

引用元:平成28年12月7日 内閣官房IT総合戦略室

ちょうど大阪万博と被る時期!自動運転も夢ではないようです^^

まとめ

大阪万博では各国が参加するなかでやはり注目なのはAI・VRといったIT技術だと思います。

今から7年後、短いようですが進歩は着実に進んでいると思います!

2020のオリンピックの後は大阪万博!楽しみがまた一つ増えましたね^^

最後まで読んでいただきありがとうございました。

RELATED POST