雑記

忘年会に行きたくない!上手な回避・断り方と注意する事

年末のシーズンには毎年やってくる忘年会

忘年会はその年の苦労を忘れるため、という意味で開かれるので、聞こえはいいですが実際は会社の飲み会と変わらず…

上司に誘われたりしたらなかなか断れないのが忘年会。一年の中で一回しかないイベントということで断りずらいし空気を読むことを大切にする日本人は嫌々参加する人が多いと思います。

できれば断ってその時間を有意義に過ごしたい!できれば会社の人とのかかわりは仕事の時間だけでいい!要するに忘年会を欠席したい!

そう思うのは当然だと思います^^

そこで今回はあまり行きたくないであろう忘年会の上手な回避方法・断り方と注意する事をまとめてみました^^

[toc]

忘年会に行きたくない人は結構いる

忘年会に行きたくない人というのは結構いるもので、過去にniftyニュースが調査したものによると全国の20代から60代までの男女661名のアンケートをとったところ49%もの人が「行きたくない」と回答していることがわかっています。

全国20代~60代の有職者男女661名を対象に「職場の忘年会・新年会」について調査
49.0%は「行きたくない」と回答し、特に多いのは20代ではなく、30代・40代との結果に
「忘年会に行くために前日・翌日は残業」「忘年会の会費が自腹」など会社への文句続出
引用元:niftyニュース

その年齢層も興味深く、30代40代にその割合が多く、会社の中でも中堅の方々の方が忘年会に参加したくないという意思があるようです。

20代の方々は会社に入って間もない期間。社内の人々と打ち明けたり本音を聞いたり、先輩方と新たな接点をもつ良い機会だと考えていたり、5,60代の年配の方々は組織の中では上位にいるためそもそも気を遣う人物が少なかったり、余裕があったりするのでしょうね。

それでも半分近い割合の方々が忘年会に行きたくない!と答えているので、忘年会に対してマイナスのイメージが強いことは確かなようです。

忘年会の上手な断り方!

忘年会に行きたくない!そう思っているのはあなただけではありません!

同時期に入社した同僚であったり、わりと仲の良い先輩社員であったり、同じプロジェクトのチームメイトや上司だったり、気になる男性社員や女性社員であったり、はたまた2,30歳年上の年配社員であったり…忘年会なんて嫌だ!そう思う人は必ずいます。

そんななか私も忘年会に行きたくない!そう単純に思って「忘年会を欠席します」なんて言うと周りの目からは「うわぁ…あの子絶対サボったじゃん」と思われるのは当然です。

忘年会を休むだけの理由が必要です。それには嘘をついたりすることも良いでしょうが、ばれたときには何とも言えない空気になりあなたへの印象は悪くなるばかり…

ここでは上手な断り方や回避の仕方を紹介します。

一週間前から残業をしておく

やっている仕事にもよると思いますが、もし個人ワークなどが中心の期間などであればあえて残業をして忙しいアピールをしておきましょう。

「この資料年内までにはまとめなくちゃいけなくて…」

「年明けの打合せで絶対失敗できないんです!年内にはひと段落させたくて…」

忘年会は12月に行われることがほとんどですから「年内中に…」や「年内までには…」という言葉は非常に強みがあります。

なるべく年内中に終わらせたいという意思表示をすれば、忙しさややらなければならないことの重要性が伝わりやすくなります。

残業をするほど忙しく優先事項であること。そうであれば普通に断るよりも多少はイメージダウンを防げる方法であると思います。

インフルエンザにかかった

これはあまりしないほうが良いですが、インフルエンザにかかってしまった」という言い訳をすることです。

忘年会があるのは仕事終わりだったり土曜日だったりします。なので仮病で休むというのはその日の会社を休まなければなりません。

インフルエンザにかかったとなれば、人と会うことで感染する可能性が高いので、周りの人に迷惑をかけてしまいますし、来られてインフルエンザを困るという利害の一致が生じます。

インフルエンザという嘘は非常に効果的ですが、仮病で休むという勇気も必要です。

そこまでして休みたいかどうか…それは個人の意思におまかせします。

ですがインフルエンザにかかった状態で街中で見られたり、遊んでいる所を目撃されては意味がありませんし、最悪の展開となってしまします。

あくまで自己責任で行ってくださいね^^

忘年会を断る時に注意する事

どんな理由であれ忘年会を断る時に注意する事があります。

それは

幹事の人に直接早めに言いに行った方が良いこと

ということです。

体調が優れなかったり、どうしてもメールでなければならないのであれば、メールやライン等での欠席連絡を伝えることになりますが、事前にその日の都合が合わないようであれば早めに、直接幹事の方に話を伝えたほうが良いでしょう。

幹事の方は皆が楽しめるように企画をします。乗り気な人もそうでない人も楽しめるように1,2週間まえからしっかり企画を詰めてそれだけの労力を必要とします。

一生懸命企画を立てたのに、当日にあっさり「行きません」というのは正直幹事の人にとってはイラッと来たりせっかく時間を掛けたのに報われない思いをしてしまいます。

なので、断るならばしっかり対面して「申し訳ないんですけどいけないのです」という旨を伝えることで、幹事の方も納得しますし「この人はちゃんと言える人なんだな」という印象をもってもらいやすく今後の関係も問題なく続いていくと思います。

面倒だからと言って雑に断るのではなく、誠意をもって申し出ることが大事だと思いますよ^^

まとめ

忘年会を面倒だと思う人は多いようですが、そこまで劣悪な環境でないならば行ってみてはどうでしょうか?

普段怖いと思っていた人は意外と面白くて気が合うかもしれないし、あまりしゃべらないと思っていた人がお酒を飲むと良くしゃべって本音を聞けたり、新しい人間関係を形成できる場でもあります。

飲み会は本来は会社で言えない・見せない素の姿をさらけ出す場でもありますし、相手もそれをもとめるものです。

嫌々行ってみて、実は楽しかった!なんてこともよくあることなので、そこも良く考えてみてくださいね^^

最後まで読んでいただきありがとうございました。

RELATED POST