雑記

クリスマスの花ポインセチアとは?赤・白・ピンクの花言葉は?

クリスマスと言えば、ポインセチアが良く似合う。そんな季節です。

ポインセチアとは花の名前ですが、その存在を知っている人は実は少なかったり…

今回はポインセチアがクリスマスに選ばれる理由と色ごとの花言葉をざっくりとまとめてみました!

[toc]

ポインセチアとクリスマス

ポインセチアとはトウダイグサ科・トウダイグサ属の植物で、きれいな赤色やピンク色に色づきクリスマスの定番の花として有名です。

当時アメリカの初代メキシコ公使であったJ・R・ポインセット氏がメキシコ南部の町にて発見し、アメリカへ持ち帰ったことから広まりました。

ポインセチアという名前も彼の名が由来となっています。

原産地は南米・メキシコや中央アメリカであり、日本にポインセチアがやってきたのは明治時代。

11月、12月頃から色づき始めるため、クリスマスが近くなると花屋さんによく並ぶようになってきます。

それほどクリスマスとの関連が強いため「クリスマスフラワー」とも呼ばれています。

ポインセチアはキリストと関連性がある

ポインセチアがなぜクリスマスと関連付けられて「クリスマスフラワー」と呼ばれているのでしょうか?

その理由はポインセチアの赤みがキリストの血の色に例えられ、

原産国のメキシコでは「ノーチェ・ブエナ」とも呼ばれているためです。

ポインセチアの花の下にある苞(ほう)と呼ばれる葉の部分、ここが赤く染まりその赤さがキリストの血の色に例えられているようです。

そして原産国のメキシコでは「ノーチェ・ブエナ(素晴らしい夜)」という名前で呼ばれていますが、これはクリスマスイブとほぼ同じ意味。クリスマスの花という意味合いをもっているようです。

またポインセチアは赤・緑・白を有しており、クリスマスカラーとしてもぴったりの植物なのです。

ポインセチアの花言葉

ポインセチアにも花言葉があります。

全体的な花言葉は

・幸運を祈る
・私の心は燃えている
・清純
・祝福する
・聖夜

ですが、色づき方は大まかに分けて赤・白・ピンクという種類があります。

その色によって花言葉も変わってくるので、色ごとの花言葉をまとめてみました。

赤色の花言葉

ポインセチアの赤色の花言葉は

「私の心は燃えている」
「清純」
「祝福する」

です。全体的な花言葉の意味とほぼ同じようです。

ちなみに清純というのは原産地であるメキシコの先住民族が、ポインセチアの輝くような色を「清純」のシンボルとしていた事に由来します。

同じ赤色の花ではバラが「情熱・あなたを愛します」なので、赤=情熱という定番の花言葉ですね。

また同じ赤でもユリの花言葉は「虚栄心」とマイナスの意味をもつ花もあるようです。

白色の花言葉

ポインセチアの白色の花言葉は

「慕われる人」

です。

慕われるということは人望がある人、白が清純という意味からきていると考えればぴったりの意味合いですね。

白色の花でカスミソウの花言葉は「無垢の愛・親切」という意味をもったり、白色の紫陽花は「寛容」という花言葉を持ちます。

白色というのは優しさを連想する色で、花言葉にも反映されているものが多いようですね^^

ピンクの花言葉

ピンクのポインセチアの花言葉は

「思いやり」
「親切」
「純潔」

という意味合いを持ちます。

ポインセチアのピンクはすこし白が強い薄めのピンク。

赤色が強い色なのに対して、ピンクはそれを和らげる色。

ピンクのカーネーションも「感謝の心」という意味合いを持ち、優しい花言葉となります。

まとめ

ポインセチアがクリスマスに流行する理由と赤・白・ピンクの色別の花言葉を紹介しました。

クリスマスと言えば最近ではイルミネーション!という風潮が強いです。

たまにはポインセチアを添えて植物の美しさを作り出すクリスマスも良いかもしれませんね^^

最後まで読んでいただきありがとうございました!

RELATED POST