雑記

ヒクイドリのキック動画がエグい!脚の強さと世界一危険と言われる理由とは

生物のヒエラルキーの頂点は人間ですが、それは全体的に見たときの話。

人は頭脳の発達がすさまじいのでそうなっていますが、自然界には我々を脅かす生物であふれていると言っても過言ではありません。

「世界で一番危険な鳥」と言われてみなさんは何を思い浮かべるでしょうか?

ハヤブサ、トビ、フクロウなど…狩りに優れた鳥はいっぱいいますよね。

そこで今回は世界最恐とも言われる「ヒクイドリ」について調べてみました!

ヒクイドリとは

ヒクイドリは主に熱帯雨林に分布する大型の鳥類です。

最大の特徴である喉の赤い部分が火を食べているように見えたことから、日本では「火食鳥」というあだ名からヒクイドリと呼ばれています。

体が非常に大きく、確認されている最大全長は190cm、体重は58kgもあります。

体重は世界一重い鳥類である「ダチョウ」に次ぐ2番目に重い鳥類として記録されています。

ヒクイドリの頭には兜のような突起があり、脚の鉤爪は鋭利な刃物と遜色がないくらい鋭いものです。

体が大きく、またそれに対する翼も小さいため飛行能力は非常に低いです。

しかし、脚力が非常に強いため時速50km/h(一般道を走る車並み)で走る事ができるようです。

陸上の生活が中心の鳥で、体が大きいためか食事量も多く、一日に約5kgのえさを必要とします(!?)

一日でそのえさを探し回るため20kmほど歩き回るようです。

人間の大人よりは小さいですが、それでも大きいことがわかると思います。

さらに立派なトサカと頑丈そうな脚が確認できますね…鳥類とは思えない良いガタイをしています^^

ヒクイドリの危険性は「脚」にある!?キックの動画

ヒクイドリは「世界一危険な鳥」という異名を持っています。

海外には「ヒクイドリ注意」という標識があったり、馬の内臓を抉り出すことが出来ると言われたり、人や犬を蹴りで殺せる能力をもっている、と様々な噂があります(怖)

動物園に飼われていることもあるようですが、飼育員さんがヒクイドリのゲージに入る時は鉄の盾をもって入るほど…

ヒクイドリが危険と言われる原因は「脚」にあります。

ヒクイドリの脚

wikipediaより引用

先ほど説明したとおり鉤爪が刃物のように鋭く長さは12cmほどあります。

さらにヒクイドリの脚は鱗で覆われており非常に頑丈な脚になっています。

ヒクイドリは自身の縄張りに入られたりすると威嚇し、攻撃します。

攻撃方法が「キック」です。単純ですが、この蹴りに殺傷能力が非常に高いと言われており、実際に重傷を負ったという記録もあります。

ヒクイドリのキック

普段はおとなしく、性格も実は臆病。しかし、時には気性が荒くなるようです…

まとめ

ヒクイドリは実は人間の狩りや熱帯雨林の減少にともない絶滅が危惧されている生物の一つでもあります。

そして人懐っこい一面もあるようですね^^

ですが、怒らせたりすると身の安全は保障できませんね…

最後まで読んでいただきありがとうございました。

RELATED POST