雑記

恵方巻き2019年の方角!正しい食べ方や方角の由来はコレ

恵方巻きの季節は毎年忘れるころにやってきますね。

実際につくったり、スーパーで買ってきたりもよし…

食べるときに「今年の恵方巻きはどっちを向いて食べるの」となってしまいますよね^^

そこで今回は2019年の恵方巻きの方角と
正しい食べ方や方角の由来をまとめてみました。

忘れがちな恵方巻きの方角、正しい食べ方をいち早くチェックしましょう!

[toc]

2019年恵方巻きの方角は?

さっそく本題にはりいます!
2019年の恵方巻きの方角は

東北東やや東

です!

ちなみに去年は南南東やや南でした。

去年と正反対の向きになる恵方。
実はちゃんとした決め方があるんです!

恵方の決め方とは?

恵方とは歳徳神と呼ばれる神様が在する方角が由来となっています。
歳徳神の在する方角(恵方)を向いてことを行えば

すべてが吉となる、と言われています。

恵方はその年の十干(じっかん)に由来し、

十干は「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」

からなる2つの干の密接な関係のペア

「甲-己」「乙-庚」「丙-辛」「丁-壬」「戊-癸」によって

歳徳神の方角が決められ、それらは年によって変わります。

その方角が恵方というわけです。

「甲-己」 → 東北東やや東 西暦1の位が「4,9」

「乙-庚」 → 西南西やや西 西暦1の位が「0,5」

「丙-辛」と「戊-癸」→ 南南東やや南 西暦1の位が「1,6または3,8」

「丁-壬」 → 北北西やや北 西暦1の位が「2,7」

となっておりこれらが周期して毎年変わるわけです。

恵方巻きの正しい食べ方!

方角はわかりましたね^^

次は恵方巻きの正しい食べ方です!

ずばり!恵方巻きの正しい食べ方は

恵方巻きは黙って食べる!

恵方巻きは丸かじりで一気に食べる!

です!

①の黙って食べるのは理由は

恵方巻きを食べ終わるまで黙っていないとご利益が得られない

ということ。

無言で食べることで「心の中で願を唱える」という意味を持つため、

食べるときに喋っていると、それが叶わない、と言われているためなんですね^^

②の丸かじりで一気に食べる!という理由は

これも同じく「ご利益が得られない

だそうです。

黙って一気に食べることが良とされており

途中で休んだり、切り分けたりすると意味がないようですね…

大事なのは恵方巻きを一気に休まず食べること!

なので、いっぱい食べると苦しいよっ!という方は

ぜひ恵方巻きを細めに巻いていただくのがベストだと思いますよ^^

まとめ

今回は恵方巻きの方角やその決め方、正しい食べ方を紹介しました。

正直太巻きで輪切りにしても、おなか一杯になる恵方巻き、

それを丸かじりでノンストップで食え

なかなかの苦行かと思われます…(笑)

せっかく縁起の良いことをしているはずなのに、

おなか壊しちゃったりしたら、あまり意味ないですよね…。

正直方角を向くだけで十分なんじゃないか、と思いますが

そこは個々人の考え方次第です!

丸かじりの恵方巻き、おいしく食べられればそれで良い!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

RELATED POST