雑記

写真機を使わずに証明写真を30円で作るお得な方法を紹介!PCとコンビニだけで簡単!

証明写真が必要な場面は様々です。

例えば就職活動、人生の最大の分岐点といっても過言ではないくらいとても重要なイベントです。

学生時代に頑張ったこと、自分の強みなどを考えるいい機会とも言えます。

またアルバイト先や必要書類などには必ず証明写真が必要となってきます。

しかし、町中にある証明写真機を使おうとすると相場は800円。

安くても500円程度かかってしまいます。

「一枚しか使わないのに!」そのためだけに1000円近く出費してしまうのは痛いですよね…

そこで今回は「証明写真機を使わずに証明写真を30円で作る方法」を紹介したいと思います!

証明写真を30円で作る方法・STEP1 証明写真を生成しよう

わずか30円で証明写真を作るためにはパソコンによる準備が必要です。

・USBメモリ
・パソコン(画像編集ソフトがあると便利)
・自分の写真データ

この3つを準備しましょう。

STEP1では証明写真データの生成です。証明写真用のデータを生成してくれるサイトを活用しましょう^^

IDphotoGenerator (ver.2.0)を開きます。

②参照から写真データを選択、「写真を決定」をクリック

③写真の大きさ「履歴書」を選択(パスポート用やセルフカスタムも可能)

④生成されたファイルをダウンロード、「USBメモリ」に保存

以上です!5分もかからないので簡単にできると思います^^

証明写真を30円で作る方法・STEP2 コンビニへGO

先ほど作った証明写真データを入れたUSBメモリをもってお近くのコンビニへ向かいましょう。

「セブンイレブン」「ローソン」「ファミリーマート」などで印刷が可能ですが、おすすめはセブンとローソンです。

今回はL版での印刷になるのですが、ファミリーマートだけ80円かかります。

セブンとローソンであれば30円で印刷できるので、お得に印刷しちゃいましょう^^

それではコンビニに入ったらコピー機で印刷を行います。

以下セブンイレブンの公式ホームページを参考にしています。

 

①コピー機の画面で「プリント」→「写真プリント」を選択

②USBメモリ挿入口が開くので、そこにUSBメモリを挿します

③「写真プリント(30円と書いてあるもの)」を選択
※ここで「証明写真サイズプリント」を選択しないように!間違えやすいです!

④用紙選択画面で「L版(一枚30円)」を選択

⑤印刷を選択→証明写真の出来上がり!

 

注意するのは「L版」で印刷することです。間違ってA4やB5などに設定しないよう気を付けましょう!

証明写真機とのクオリティの差はあるのか?

自作の証明写真と町中にある証明写真機で作られた写真に差はあるのでしょうか?

私自身が気になったことをいくつか挙げてみようと思います。

美肌効果をしてくれるのはありがたい

証明写真機で作られた写真は、+200円ほどの課金をすると「美白効果」なる補正が施されます。

そのおかげで「顔が暗く映ったり」「肌の荒れが目立ってしまう」ということがまずありません。

一方自身がセルフで撮った写真はというと、そうはいきません。

証明写真機での利点はそこにあるでしょう。しかし、自分で撮った写真を編集してしまえば美肌効果に近い写真を作ることが可能です。

おすすめは「PhotoShop」。明るさの微調整が可能で、インターネット上に「美肌にする編集方法」などの情報が多くあり、様々な方に使われているアプリケーションの一つです。

おそらくイラストや画像編集ソフトの中では一番の人気があるといってもよいでしょう。

逆にお勧めしないのは「ペイント」など。

確かに編集できないことはないのですが、そもそも画像編集向けに作られていないので機能が少ないです。

それと、編集後にサイズがおかしくなったり、その結果画像が荒くなってしまうことも多々あります。

できればイラストや画像編集用に作られたソフトを用いましょう^^

証明写真機のいいやつは「シール付き」

証明写真機の種類にもよりますが、ほとんどのケースで「証明写真がシールのように貼り付けられる」構造になっています。

これは非常にありがたいです。

履歴書などに張るとき、糊付けが一般的ですが、糊付けだとはがれやすくまた写真が曲がりやすいです。

その反面、写真をシールのように貼ることができるというのは非常に簡単で、失敗することがありません。

証明写真機が高いだけありますね(笑)

自作のメリットは「低コスト」で「必要な分だけ」!

それでも私は証明写真を自作で作ることをお勧めします!

理由は単純「低コスト」で「必要な分だけ」印刷することができるからです!

証明写真機で写真を作ると作られるのは6~8枚のもの。

実際フルに使う人はなかなかいないと思いますし、使わずに不要になって捨てることがほとんどだと思います。

証明写真を自作することで800円→30円という770円も得することができ、

必要な枚数、サイズを指定してできるのでコスパが非常に良いです!

また必要になったらその時使ったデータを再利用すれば、最初よりも半分の手間で証明写真を作ることができます!

やっぱり、メリットのほうが大きいと、わたしはそう思いますね!

まとめ

コンビニのコピー機を使うのってなんだか不安…ですが、一度使ってしまえばあれほど便利なものはありません!

操作も簡単、費用も最小限に抑えられるので、バイト探し中・就職活動中の人はぜひ活用してみてくださいね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

RELATED POST